計画別居のメリットってなに?

もう夫婦としてやっていけないと思い離婚したい、しかし協議では離婚が成立しない、相手が離婚に応じてくれないというケースもあるかと思います。そのような場合、計画別居をしてその間に証拠を集めて裁判で離婚を成立させるという手法も有力な手法となってきます。
裁判離婚においては、基本的に相手が有責者でないと離婚請求は認められないといわれています。もっとも、必ずしも判例は相手が有責の場合に限って離婚を認めているわけではなく、婚姻関係が「破綻」していると認められれば離婚を認めるということにしています。そしてその「破綻」の見極めの要素の一つに別居期間の有無や長さが挙げられています。すなわち、別居期間が長くこれ以上夫婦生活を継続するのに困難な事情があると認められれば離婚が認められるのです。
もっともただ単に家を出ていけば良いというわけではありません。離婚が認められたとしても、婚姻費用の面や慰謝料の面で自らが不利になる判決が出てしまう恐れがあるからです。そのため、別居期間中に相手の有責行為がないか観察しておく必要があります。よく行われる手段が、探偵業者を雇って相手方の不貞行為すなわち不倫の証拠を集めておくというやり方です。

Comments are closed.