Archive for the ‘未分類’ Category

周囲の協力を得られるために必要なこと

様々なライフスタイルが認められるようになっている昨今では、離婚をする人も少なくはありません。双方が話をしてお互いが納得したうえでの離婚であれば問題はないのですが、子供がいる場合に関しては、なかなかスムーズに進むことはありません。そのため、子供にとって最善の方法を取るためには、両親の合意が必要です。しかしながら、話ができないよな状況であることも多いので、周囲の協力を頼ることも必要です。計画離婚をする場合に関しては、相手からの精神苦痛などが大きな原因となることもあります。そのようなことで我が子を傷つけることがないように、できる限り周囲の人々に事情を話して、サポートを願い出ると、有利に進むということも考えられます。そのためには、証拠集めをしてくといいです。配偶者の浮気や借金やギャンブルなど、婚姻関係を継続することが困難であるという確固たる証拠があれば、スムーズンに進みやすくなります。愛情やお金に関することでの離婚は増加傾向にありますが、子供に知ってほしくない事情でもありますので、そのことが我が子の耳には入らないように配慮するためにも、サポートを願うことが必要であり、その行動で、将来に光がさします。

夫の財産を把握する方法について

妻や夫が離婚をするには、必要な知識は財産の把握から始まります。離婚の前に住居の確保や生活費の確保をしておく必要があり、子供の問題や離婚後に必要な変更届などが中心にあります。住居の確保が一番に大切です。なぜなら離婚しても住む場所がなければ、生活ができなくなってしまうからです。
実家がある場合には実家に戻るという選択があります。離婚が妻ならば、実家にいると経済的な支援も受けられる上に、子供の面倒を見てもらえ良いが多めです。しかし、夫が実家に戻るとなると肩身が狭く思われがちです。実家へ戻る用意があれば、短期間で自立ができる目安が付きやすくなり、新しい住居の探しができます。
生活費の確保は離婚後の経済的な自立にもあてはまるので、夫・自分の所有物をしっかりと把握して、慰謝料や養育費の正当な金額を手に入れるのが大切です。結婚して二人で築きあげたもので、不動産から家財の道具などの互いに合意して購入したものはすべてがあてはまります。その逆で、結婚のときに持っていた物や両親からのもらい物や相続したものは個人物となります。自分のものと互いの持ちものがどれであるのかをはっきりさせておき、離婚の事前に把握するのが必要です。

計画別居のメリットってなに?

もう夫婦としてやっていけないと思い離婚したい、しかし協議では離婚が成立しない、相手が離婚に応じてくれないというケースもあるかと思います。そのような場合、計画別居をしてその間に証拠を集めて裁判で離婚を成立させるという手法も有力な手法となってきます。
裁判離婚においては、基本的に相手が有責者でないと離婚請求は認められないといわれています。もっとも、必ずしも判例は相手が有責の場合に限って離婚を認めているわけではなく、婚姻関係が「破綻」していると認められれば離婚を認めるということにしています。そしてその「破綻」の見極めの要素の一つに別居期間の有無や長さが挙げられています。すなわち、別居期間が長くこれ以上夫婦生活を継続するのに困難な事情があると認められれば離婚が認められるのです。
もっともただ単に家を出ていけば良いというわけではありません。離婚が認められたとしても、婚姻費用の面や慰謝料の面で自らが不利になる判決が出てしまう恐れがあるからです。そのため、別居期間中に相手の有責行為がないか観察しておく必要があります。よく行われる手段が、探偵業者を雇って相手方の不貞行為すなわち不倫の証拠を集めておくというやり方です。

計画離婚と証拠集めについて

DVや浮気で原因で離婚する場合は、法的にも正式な離婚理由として認められ、慰謝料も請求できます。しかし、実際には、暴力や不貞行為をした相手側がその事実を認めないために離婚がなかなか成立しないことが多いです。そのため、DVや浮気の確実な証拠集めを前もってしておく必要があります。暴力によって受けた怪我や傷跡などを写真にとっておいたり、医師の診断書を残しておくのがよいです。直接な暴力ではなく、暴言を吐いて相手を精神的に追い詰めるDVであれば、その暴言を録音しておけば、動かない証拠になります。また、専門家や警察に相談したときの証明書も残しておいた方がよいです。不貞行為の証拠では、映像や写真が有効になってきます。しかし、不貞行為は配偶者以外の異性との肉体関係があることを立証するものでないと有効な証拠とはならないため、街中を2人で歩いているところを撮った写真ではあまり役には立ちません。ラブホテルに入る瞬間を撮影した写真や映像であれば、肉体関係をもっているとみなされて確実な証拠になります。浮気の発覚のきっかけになりやすい携帯やパソコンなどの電子メールは、状況証拠のひとつとして扱われますが、写真や映像ほどの強力な証拠にはなりにくいです。証拠には、立証能力の高いものから弱いものまでありますので、専門家に相談してから証拠を集めていくほうが効率がよく、計画的に離婚を考えられます。

結婚前からよくスキャンダルがあった場合のその後

芸能界という華やかな世界で活躍する俳優やタレントたち。芸能人という仕事柄、記者やレポーターに追い回される生活は仕方ないとも言えますが、それでもあまりにもひどいパパラッチなどはいかがなものかと思いますよね。
そんな芸能人でも結婚はします。芸能人同士だったり、昔からの知り合い、そしてどちらかが一般人などそのパターンは様々です。ただ、結婚前からスキャンダルが多かった芸能人は結婚後、別れることが多いようです。
昼ドラ、つまりお昼に放送されている男女のドロドロとした愛憎劇のメロドラマに出演すると別れるというジンクスもあるほどです。昼ドラはお昼なのに男女の恋愛が濃厚に描かれているケースが多く、ドラマ内での夫婦や恋人関係が、そのまま日常でも継続してしまうからです。ただ、それを仕事と割り切ってできる俳優さんもおられることは確かですが、本当に相手を好きになってしまう俳優さんもいることも確かです。それに、結婚した相手が一般人だった場合、ドラマを見て、その二人の関係に嫉妬し、夫婦の間に亀裂が入ることもあるようです。
また、特にスキャンダルが多い俳優さんは、すなわち恋が多いということなので、結婚をしてもまた新しい異性に惹かれてしまうことが多いようなのです。スキャンダルが多い俳優さんとの結婚は要注意です。

結婚が10代または20代前半のカップルのその後

結婚は誰もが憧れる出来事です。人生の中で一番幸せな出来事であり、パートナーとこれからの人生を一緒に歩むことを誓い合います。通常結婚をしてから子供を授かるのが普通ですが中には先に子供を授かりそれをきっかけに結婚をするデキ婚というものがあります。10代もしくは20代前半のカップルに多く、さずかり婚とも言われています。
先に子供を授かった場合、順番が異なってしまったことに両親がよく思わないケースもあります。
ですが新たな命を授かった場合それは幸せな出来事であり、子供が生まれた後は溺愛する両親が多いのが実際です。
ですが若くして子供を産む場合、周りの友人が遊んでいるときに子育てに追われ、辛く思ってしまう母親も少なくありません。
また父親が若い場合は収入も少なく周りの人に助けを求めなくてはいけないこともあります。
こうしたストレスから結果的に離婚をするカップルも少なくありません。ですが中には子供を頑張って育て、成人まで育てあげる若い夫婦もいます。結婚をしてから子供を授かった場合は離婚をせずに何年も夫婦生活を続けるカップルは多いですが、先に子供ができた場合は離婚率が高くなることが多いと、統計に出ています。
若くして結婚した場合は周りのサポートが必要です。

カメラの前でラブラブアピールするカップルのその後

カメラの前でラブラブをアピールする芸能人カップルも多いのですが、その後離婚する率も高くなっています。
芸能人カップルでも、人前に出た時には特にいちゃつくことなく取材に応じているケースも多いのですが、その中でも過度に仲の良さをアピールしている場合、二人の間に問題が生じている可能性が高くなっているのです。
週刊誌などで不仲であったりどちらかの不貞が報道されてしまった場合、そっけない態度で取材に応じることで噂が本当であったのかと認識されやすくなってしまいます。
お互いの事情により、今すぐ別れることができない場合には、深く詮索されないように表面的に仲の良さをアピールしておいたほうがよいと判断しますので、誰が見てもいちゃいちゃし過ぎの対応を取ってしまうのです。
ただ、表面的には仲の良さを装っているものの、実のところは不仲になっていますので、時間がたつことで離婚につながるケースも多くなっている特徴があります。
仲の良さをアピールしているカップルがいた場合には、今後について詳しく追っていくことで、二人の本当の関係性について知ることが可能になってきます。
芸能人カップルに興味がある時には、この点からチェックしてみるとよいでしょう。

夫はプロ野球選手、妻はアイドルの離婚率

昔からよく、プロ野球選手とアイドルの夫婦はうまくいかないと言ったものです。
西岡剛選手と徳澤直子さん、ダルビッシュ有選手と紗栄子さんなど。
上記の2組も結果的に離婚という結果になってしまいました。
スポーツを職業とする人たちは体調管理に細心の注意を払います。
日本や世界のトップレベルでスポーツをする人たちです。食事であれば栄養の取り方や量。睡眠時間であれば試合開始の数時間前に起きるなど、普段の生活から徹底して神経を使わなければなりません。いわば仕事の一部なのです。
その旦那と一緒に生活をするわけですから、もちろん妻もそれを支えなければなりません。
ですが、アイドルと主婦とはかけ離れた職業です。夫の求める妻(協力者)のレベルに達しない場合が結果的に離婚という選択になってしまうのでしょう。
アイドルという肩書きをきっぱりと捨て、夫のサポートを全力でする。そして夫は一生懸命に汗を流してプレイで恩返しする。
そんな関係の夫婦が良好な夫婦関係を築いていけます。女性も男性と同じように働くといった、近年の風潮から見ると少し時代遅れのような感じもしますが、これを妻が受け入れることがよりよき夫婦関係の秘訣となるのです。

昼ドラに主演すると離婚とジンクス

離婚する女優が増えています。今は元アイドルの経験して女優として活躍して、その夫はスポーツで活躍した人です。互いに注目や話題を集めたので残念です。世の中には女優が昼ドラに主演すると離婚するジンクスが存在します。
ドラマの撮影は単身赴任のような状況で泊り込みで行われます。主演となると出番も多く、他の俳優だけのシーンでも待たなければならず、現場を離れることはできず、毎日が忙しい状況になります。夫婦の間で二人の時間が持てなってしまうのです。二人の時間が少なくなると心の距離が離れていき気持ちがすれ違いを生じます。以前は互いの気持ちがわかりあっていたのに、撮影に追われていたため、疎遠となってしまいます。
ドラマの中で、不倫の恋をした俳優さんが好きになってしまったり、けんかして打ち解けたら仲が深まるのはドラマの外でも同じで感情は動きます。ドラマの外でも演技の話をしてるうちに急接近しるのですから、仲良くケースは多数あります。撮影の合間に電話番号やメールアドレスを交換する時間はいくらだってあります。撮影後に待ち合わせて二人で食事へ行くこともできます。厳しい仕事の後のつかの間の休息は二人の仲をさらに深めてくれます。
そうなれば、夫との距離は確実に遠ざかります。出来上がった溝は、簡単には修復できるものではなく離婚に至ることも多くあるのです。